初心者でもアレコレ楽しめる石垣島ダイビング ?>

初心者でもアレコレ楽しめる石垣島ダイビング

3年程前に、妻と二人で石垣島へ旅行に行ったときに、折角だからとダイビングをしました。私がCカードを取得したのは10年以上前ですが、その間に数本しか潜っておらず正直不安でしたが、現地のショップの方はとても親切で、初心者でも安心して潜れ、かつ魚や珊瑚を見て楽しむだけでなくダイナミックな地形も楽しめるポイントを提案して下さいました。

shutterstock_183615683当日は朝7時にホテルまで迎えに来ていただきショップに立ち寄り、それから現地へ向かいました。その日は二本潜ることになり一本目はマンタスクランブルという沖縄の中でも指折りの有名なポイントで、名前のとおりマンタの遭遇率が非常に高く、世界でもトップクラスのポイントです。まず潜ると最初に見えたのはミカヅキツバメウオという魚で見た目自体は黒っぽくて地味な魚ですが、熱帯魚としてはソコソコ大きくガイドの方の話ですと35㎝位はあったそうで、ゴーグル越しに見るので余計に大きく見え、迫力がありました。

その日は前日の雨の影響で透明度が悪く視界が15メートル程しかなかったため珊瑚の周りにいる魚をメインに楽しみました。中でも印象に残ったのがキンチャクガニというカニで、通常よく見る厳つい感じのカニとは違いカラフルなカニで、ハサミでイソギンチャクを持っている姿はポンポンを持っているチアリーダーの様で、凄く可愛らしかったです。そこのポイントはマンタスクランブルという名のとおりのマンタの名所ではありますが視界が悪かったせいか、その日は残念ながらマンタを見ることが出来ませんでした。

40分程潜った後、窒素抜きの為に少し休憩をとり、引き続き別のポイントへ移動。次は魚を楽しむというよりは、地形を楽しむというポイントに行きました。吉原アーチというポイント名でマンタスクランブルからそう遠くない場所でした。

shutterstock_303657221地形を楽しむポイントは通常水深が20メートル以上の所が多いのですが、そこは10数メートル位潜れば良いだけなので初心者の方にもおススメです。その地形は洞窟のようなところからアーチを通り外に抜ける地形で、その時間帯になると透明度も少し良くなっていて、外から入り込んでくる光の柱が洞窟内の美しい岩を照らし、とても幻想的な景色を楽しむことができました。

洞窟の中には大きなエビが沢山いましたがあまりカラフルなエビではありませんでした。この旅で思ったことは、高いお金を掛けて海外にダイビングに行くくらいなら、沖縄に行くほうがいい!沖縄のダイビングショップの店員さんは私たちのようなダイビング初心者の観光客に慣れているため、その様な客が喜びかつ安全なダイビングポイントを熟知しています。また沖縄独特の気さくな人柄の方が多く、初心者の方で自信がない方でも勇気を出して沖縄ダイビングにチャレンジして欲しいと思います。